学校

部活の顧問がうざい!おかしい担任の先生への対処法!

2016/10/10

部活の顧問とか担任の先生がうざい時って本当に最悪だよね。クラスの担任だったら何年かは一緒にいなくちゃいけないし、自分のやりたい部活の顧問が最悪だったら楽しい部活自体も最悪になっちゃう。そんなうざい顧問や担任にどうやって対処したらいいのかを考えてみた。

顧問"623238a1e6fb11d90cc498b00582359e_s"

対処法 もっと強い奴にチクる

教頭先生や校長先生に談判

いくら教師といえど上には上がいるよね。

例えば、その先生がただの平教員だった場合は教頭先生や校長先生に、その顧問や担任の先生の悪行をチクってやろう。

確実に指導が入るし、それでも直らなかったら何回でも同じことをしちゃおう。徹底的に戦う姿勢が大事。

他人に対して厳しい人は案外自分には甘く弱い場合も多いのでかなり効果的だったりします。

上手くいけばこれだけであっさり解決なんて場合もあるよ。

チクる場合は自分一人じゃなく同じ思いをしてる仲間を集めてから突撃すると尚更効果的だね。

日本は民主主義だから数で押すってのは大事なことだ。

親に言ってみるのもいいかもしれない。親がPTAなんかに参加していたら更にナイス!

部活の保護者会なんかの議題に上がればしめたもの。

学校によってはPTAがかなり力を持っているところもあるし、使えるカードはどんどん使っていこう。

対処法2 みんなでボイコットする

集団で一気にボイコットするというのはかなり強力な技だ。

実際、私の学校でも集団で部活をボイコットすることで部活の顧問が変わるという事があった。

数人でやるだけでは放って置かれるパターンになりかねないので出来ればたくさんの人数で攻めたいところ。

本当にその顧問や担任がうざいのであれば賛同者もかなり集まるはず。

対処法3 やめる

これはシンプルだし即効性もある。だが、部活をやめるというのは逃げたような気分になるしできれば避けたい所。

担任の先生の場合、学校そのものを休まなくてはいけないし一度不登校になるとその後の進路にも多大な影響を及ぼすのでオススメはできない。

別の解決策を探すべきだけど、あまりにも辛く死ぬほど苦しいのなら逃げるのも全然ありだよ。

実際に学校に行くのが苦痛で精神病になったり自殺をした学生は多いからね。

学校だけが人生じゃないのだから。

でも、やはり大きな決断になるのでひとりで悩まず、必ず周りの人と相談してから決めよう。

以上が効果のある対処法だけど、注意点もあるよ。

それは部活の顧問というのはあくまで職務外の善意でやってるということ。

休日返上で部活をやっても貰える給料はせいぜい数百円。ボランティアレベルだということを理解しておこう。

顧問がいなければ部活動はできないし、大会にも出られない。

部活をやれてるのは顧問の先生がボランティアしてくれてるという考えを捨ててはいけない。

ただ、体罰や暴言は指導の範囲を超えているしそういう事があった場合は遠慮なく抗議してやろう。

それは生徒側の正当な権利なのだから。

行き過ぎた指導をしてくる教師に我慢する必要はまったくない。

楽しい学校生活をおくろう。

関連記事
部活を辞めたい!理由や円満な退部方法を考えてみた。

-学校