日ハム

中島卓也の筋肉と守備がヤバい知っておきたい中島卓也の魅力

2016/10/10

中島卓也選手の筋肉って意外とあるの知ってましたか?中島卓也選手は野球人生で一度もホームランを打った事が無いというのは有名なエピソードだと思います。

という事はヒョロくてパワーは無いんじゃないの?と思われるかもしれませんが筋肉はかなりあんですよ!

確かにホームランのような派手さは中島卓也選手にはありませんが、それを補って余りある巧打と守備も評価がすごく高いのです。(あと顔も。笑)

地味だがすごい、そんな中島卓也選手の魅力を語ってみたいと思います。

中島卓也の筋肉

中島卓也選手の筋肉は所謂ボディビルダーのようなムキムキマッチョじゃありません。

ポジションがショートセカンドですから、とても敏捷性が必要なポジションになります。

仮に筋肉を沢山つけて多少力が上がったとしても体重が増えてしまえば今度は守備が駄目になってしまいますよね。

あのイチロー選手極度な筋力トレーニングは無駄と一蹴しています。

中島卓也選手とイチロー選手って選手のタイプ的にはかなり共通点はありますよね。

ですので、中島卓也選手にとってはこのイチロー選手の主張は当てはまってると思います。

nakashima5

服の上からもわかる良い筋肉じゃないですか?

胸板も程よくあって女性に1番人気の細マッチョってやつですね。

見た目の派手さはありませんが実践に即した良い体。

筋肉はバッティングには必要無し?

中島卓也選手のバッティングは長打を狙いにいくようなものでは無く、確実に当てにいくミート中心のバッティングです。

また、「カット」と言われるボールかストライクかわからない怪しいコースの球をファールにする技術に長けています。

このカットをすることで自分の得意なコースの球を待つ事ができるんです。

そして、更には相手ピッチャーにたくさん投球をさせることでピッチャーのスタミナを消耗させます。

中島卓也選手のファール数はセ・パ両リーグ合わせても断トツですから、その技術力はデータでも証明されていると言えます。

何球投げてもファールにされるし、手抜きをしたり甘い所に投げれば打たれるわでピッチャーにとってこれほど厄介な選手もいないのではないでしょうか。

2016年は打率.243と振るいませんでしたが3割近く打つ実力はありますし、打率以上に貢献している選手ですよね。

以上の理由から中島卓也選手のバッティングには過度な筋肉は不要だと思いますがどうでしょうか。

筋肉モリモリになってホームラン打ってる中島卓也選手もちょっと見てみたくはありますが。笑


関連記事→日ハム中島卓也に彼女はいる?イケメンすぎて結婚したい女子急増

中島卓也選手の最大の魅力はやはり守備

中島卓也選手は元々はその堅守とも言われる守備の力を買われてチーム入りしました。

入団当初は終盤の守備固め要員としての出場も多かったですよね。

それでも守備が良いってのは玄人好みというか地味感がどうしても否めませんからね…。

今の人気と違って当時はスカウトからの評価も低く調査に来たのは日ハムだけだったんだとか。

スカウトの方はお手柄でしたね、ほんと。

中島選手の守備の魅力はやはりフットワークの良さと送球の正確さです。

上手いと言われているソフトバンクホークスの今宮健太選手よりデータ上では勝っていた事もあります。

練習風景の動画ですが、軽やかですよね~。スローイングもまさにお手本のように綺麗。

中島卓也選手は守備の表彰であるゴールデングラブ賞はまだ取った事はありません(毎年取るんじゃないかとは言われていますが)

ですが、最近の活躍を見ると取るのも時間の問題かなと思ってます。

これだけ頑張っていますから是非、受賞してほしいです。

まとめ

中島卓也選手は筋肉が実戦的で良い感じについている。

守備と粘りのカットで数字以上にチームに貢献。

これからも日ハムの主力、そしてイケメン担当として頑張ってください!

関連記事→日ハム選手イケメン厳選2016!あなたは誰が一番タイプ??

-日ハム