堤真一

堤真一出演おすすめ映画ランキング!

2016/10/10

渋いイケメンおじさま俳優、堤真一さん出演のおすすめ映画を独断と偏見で勝手にランキング!もちろんこのランキング以外にも面白い映画は沢山ありますので、もし興味があれば調べて見てくださいね~^_^

第5位 弾丸ランナー
113619_01

出演 堤真一 田口トモロヲ ダイアモンド☆ユカイ など

あらすじ
ひょんなことから追いつ追われつのランニング・デッドヒートを繰り広げることになった、3人の男たちの奇妙な関係を描いたコメディ。

この映画はもうとにかく走ります!最初から最後までとにかく走る疾走感のあるアクション映画。堤真一さんは超ハイテンションなヤクザ役。約20年前の映画だけあって堤さんも若い 笑

笑えるコメディ要素も多々あり、もう難しい事は考えずに頭空っぽにしながら見ましょう。
最後の終わり方に若干不満を残しつつも最後まで走りきって楽しい映画ですのでおすすめします!

第4位 フライ ダディ フライ
143354_01

出演 堤真一 岡田准一 須藤元気 など

あらすじ
円満な家庭の中、幸せな生活を送るサラリーマン・鈴木であったが、夏のある日
愛娘が友人と訪れたカラオケ店でからんできた他の高校の生徒でボクシングの高校チャンピオンである石原に殴られ入院し、心を閉ざしてしまう。鈴木は石原へ復讐を果たすべく、包丁を持って石原の高校へ向かうが、在日高校生であるスンシン(舜臣)に伸されてしまう。
その後、目を覚ました鈴木は乗り込む高校を間違えたことを知り、気を落とす。
そんな鈴木に対し、話を聞いたスンシンやその仲間たちは、石原に一矢報い、鈴木の家族の絆を取り戻すべく、ある計画を立てる。
それは夏の間鈴木を鍛え、ケンカ戦法で石原を倒すというものだった。

おじさんと少年のひと夏の思い出。…でも中身は結構ハード。なかなかエグめの暴力描写もあるので苦手な方微注意といった感じですが、全体的には成長物語として構成されていておすすめの映画ですね。
須藤元気演じる悪役もほんとにこういう危ない人いそうで怖い。
余談ですが、岡田准一さんと堤真一さんはこの後、SPという人気ドラマで再び共演することになります。そちらでは教わる者と教える者の立場が逆なので面白いですね 笑



第3位 クライマーズ・ハイ

148361_01

出演 堤真一 尾野真千子 堺雅人 など

あらすじ
1985年8月12日、群馬県の地方紙・北関東新聞社の遊軍記者で、社内の登山サークル「登ろう会」メンバーの悠木和雅は、販売部の安西耿一郎とともに、県内最大の難関である谷川岳衝立岩登攀へ向かう予定だった。
帰宅の準備をしているとき、社会部記者の佐山から「ジャンボが消えた」との連絡が入る。
悠木は、粕谷編集局長から事故関連の紙面編集を担う日航全権デスクを命ぜられる。
同新聞社にとって、「大久保・連赤」以来となる大事件を抱えた悠木は、次々と重大かつ繊細な決断を迫られる。

日本航空123便墜落事故を扱った社会派ドラマ映画。重めのテーマですが、記者達の取材にかける情熱や社内政治の派閥による確執など最後まで飽きさせません。
墜落現場や新聞社内の作りこみもすごく、臨場感に溢れています。監督曰くキャラの作りこみにすごく気を使ったとか。
セリフの言い回しや、怒号が飛び交う緊張感もありますし男同士の絆なども丁寧に描かれていておすすめです。

第2位 容疑者Xの献身
51yPtVs+UYL

出演 福山雅治 柴咲コウ 堤真一 など

あらすじ
花岡靖子は娘・美里とアパートで二人で暮らしていた。そのアパートへ靖子の元夫、富樫慎二が彼女の居所を突き止め訪ねてきた。
どこに引っ越しても疫病神のように現れ、暴力を振るう富樫を靖子と美里は大喧嘩の末、殺してしまう。
今後の成り行きを想像し呆然とする母子に救いの手を差し伸べたのは、隣人の天才数学者・石神だった。
彼は自らの論理的思考によって二人に指示を出すが…。

東野圭吾原作のベストセラー原作の映画ですから外しようがないですね!
脚本も原作の良さを失わないように丁寧に作られていて、あっという間に最後まで見てしまいます。
堤さんは天才数学者役で出演しており、その演技力の高さに圧倒されます。ラストシーンは本当にもらい泣きしそうになります。

弾丸ランナーの後に見るとその変貌ぶりがすごいです。比べるなって話ですが 笑

テレビ局制作の映画ですがテレビドラマの延長線のような感じの映画ではないのでそこも安心です。
まだ見てない人は絶対に見てほしい!

第1位 孤高のメス
T0008622p

出演 堤真一 夏川結衣 吉沢悠

あらすじ
医療制度の深部を鋭く描いたベストセラー小説「孤高のメス」が衝撃の完全映画化。
“患者を救う”という当たり前の行為の前に立ちはだかる諸問題――医師不足、手術ミス、地域医療、臓器移植・・・・・・。
医療のあるべき姿とは?病院とは?そして、命とは?そこに真摯に向き合う一人の医師の信念が、今、深い感動を呼び起こす。

堤さんは金も出世も名誉もいらない天才医師当麻鉄彦役で出演。
この映画を西部劇のようだと評す人が多いのも納得、ふらっと町に現れた正義のガンマンがならず者をあっという間にやっつけてしまうかのように
主人公が医療の闇にズバズバとメスを入れて解決していってしまいます 笑

気持ちの良い勧善懲悪ストーリーで悪徳医師との対決も見どころです!
1位と2位の差は本当に僅差でどっちにしようか悩みました 笑


以上で独断と偏見ランキングは終わりますが、いかがだったでしょうか。
基本的にハズレは無いランキングなんじゃないかなっと思います(*´ω`*)

関連記事

堤真一さん出演のドラマおすすめトップ3を個人的に選んでみた!

 

 

-堤真一